信頼できる社内教育重視の水道修理会社

水道 工事や修理はだれでもやってよいわけではありません。専門の資格を持つプロが行うことが必要となっています。その会社がどのような資格を持つ人材を、どれくらい有しているかは、トラブル解決を依頼する際の重要なチェックポイントになります。

■水道関係工事の国家資格

給水装置工事に従事する作業者の技術上の指導や監督をするのは給水装置工事主任技術者といい、厚生労働省が実施する国家資格です。給水装置工事事業者が自治体の水道事業者から指定を受けるためには必須の資格です。
厚労相の指定を受けて毎年試験を実施している公益財団法人給水工事技術振興財団によると、平成9年度から29年度までの間に399,881人が受験し、合格者は145,447人、合格率は36.4パーセントとかなり難しい試験です。合格するには、さまざまな知識や技術を身につけておく必要がありますから、こうした難しい試験を突破してきた人材を多く抱えている水道局指定工事店の技術力や管理力は信頼できるということになります。

■対応のスムーズさも気にしたい

技術は時代の流れに取り残されないように常にブラッシュアップしなければなりませんし、組織としても若い労働者の技術力を高めていく努力が必要です。したがって、その会社が抱えているスタッフの力量アップのためにきちんと社内研修をやっているかも、修理などを依頼する側からすると重要な情報です。
水周りメンテナンスや故障修理などの技術面だけでなく、作業中の態度や、依頼者からの質疑に対する応答の誠実さなども重要なポイントです。とりあえずトラブルが解決すればよいというものではなく、気持ちよく作業が進み、作業後も安心感を持って水道を使えるような総合的観点からのサービス向上を心がけている水道事業者をピックアップしておくと安心です。

■まとめ
水道関連の資格は、ほかにも1級管工事施工管理技士、排水設備工事責任技術者などさまざまな分野のエキスパートが水道工事に関わっています。水道関係施設の設置能力や資格を有するということは、故障時のトラブル解決についても高いスキルを持っていることになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ