寒冷地だけではない水道管の破裂と修理

水道管の水が凍結して出ないとか破裂したというニュースがテレビで流れることがよくあります。低温による凍結トラブルは寒冷地だけの問題と思いがちですが、寒冷地以外でも盆地で発生することはあります。

■水道管の凍結

水道凍結を警戒すべきかどうかの分水嶺は、外気温がマイナス4度になるおそれがあるかどうかです。天気予報をチェックしておけば、翌日の明け方に凍結するおそれがあるかどうかの情報を得ることができます。個人でできることをやっても凍結してしまったら、近くの指定給水装置工事事業者に連絡して対応を依頼します。もし業者名が分からない場合は住んでいる自治体の担当セクションに連絡を入れれば教えてくれます。
水道管が破裂してしまったら完全な修理は素人の手には負えません。単純に外壁沿いにある塩ビ管の取り換え工事だけで済む場合もありますが、破裂箇所が壁の内側だったりすると周囲を取り壊す必要もあります。費用もかかりますが、工事が終わるまで意外に時間がかかることもあるのが水道管の破裂ですので、簡単にできるものと考えていたら大変なことになります。

■ガス給湯器の凍結

寒冷地では一般的な屋外設置のガス給湯器の給水管が凍結で破損することもあります。温暖な地域に住んでいる人も、山間部に持っている別荘の水道管が破裂することはありますので、別荘のエリアが猛烈に冷え込む場合は管理人に対応してもらうなど念には念を入れたほうがよいです。水は生活に不可欠のものですから、わずか1日でも使えないとなると不便極まりない事態になります。日ごろからかかりつけの水道修理業者とコンタクトを取って、年間を通した水道関係の診断やメンテナンスを依頼しておけば、水道管の破裂というアクシデントを回避できる可能性は高まります。

■まとめ
厳寒の冬を迎える年もあるのですから他人事と思わず基本的な知識を持っておくことが防衛策になります。万一こうしたトラブルに遭った場合、当該地域の多くの世帯が同様の被害を被るため、すぐに凍結トラブルに強い水道修理の専門業者に連絡することが肝要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ